キビナゴは見た!


『キビナゴの毎日』に
   ようこそ






わたくしキビナゴは
霊感は無い


それらしきモノを
目撃するが・・・


老婆の幽霊だと思ったのは
墓参りに来ていた
オバアサンだった
なんて話ばかり


さて


このところ
寝不足と杉花粉で
目がショボショボ
おまけに老化が著しい
キビナゴ


摩訶不思議なモノを見て
かなり困惑している


また「枯れ尾花」なら
よいのだが・・・


ある日
キビナゴは
食品販売店に入った
(何屋かは書かない)
客はキビナゴ一人


商品を選んで
レジで待っている間
ふと、ふと
自分の視野の端っこで
動くものを確認した


ん?


その方向、
店の奥に
顔を向けてみた


黒っぽい大きな塊が
床を這う


うげっ!
なに?
霊?
見ちゃったの?


あっ?!
ああ、そうだ
真っ黒クロ〇〇だわよ
か、かわいいよねえ
テレビ(映画)に
出てたヤツより大きいけど


あっ!そうだ
モップよモップ!
店員が
モップがけしてたんだよ
もふもふの所だけ
見えたんだよ


でも
すすすぅ~って棚の下に
消えたよね~


あ~だこ~だ
考えながら
支払いを済ませて
自宅に戻る


「何も見てない
 な~んにも見てない
 でも
 見ちゃったの?」


んんん~~もぐもぐ
んんん~~もぐもぐ


その店で
購入したものを食べながら
目撃した「超常現象」を
思い返す


大きさ、色、形、動き、
場所、時間帯・・・


よせばいいのに
繰り返し、繰り返し
思い出す


牛の反芻か・・・
も~~


昼食終わる


あっ・・・


「ああ
 いやだな~
 なんか
 いやだな~~
 これ恐いですよ~」
(稲川氏風に)





小町
「バアバ
 気がついたの?」


うん・・・


あれが
霊じゃなかったら
もっとイヤだな~って


漢字で一文字
平仮名で三文字
片仮名で三文字
干支にも含まれる


(ドラゴンじゃないよ
いや、、、むしろ
ドラゴンだったらいいのに)


確証は無い
証拠も無い
苦情も言えない


んんん
やっぱり
見なかった事にしておこう


キビナゴは
自分の腹をさすった





スポンサーサイト

復活の朝


『キビナゴの毎日』に
   ようこそ






3月31日は満月
3月は
ひと月に2回満月ある


ブルームーンだ


午後9時半過ぎに
みっち満ちになる月を
撮影しようと
計画していた


ただ・・・
31日は早朝から
母ハタハタと
大江戸Pを連れ
お花見ドライブ


鎌倉山、
横須賀、あちらこちら


運転しつつ
母ハタハタの妄想に
対応して
なんとな~く疲れた
キビナゴ


夕食後
風呂につかって
お魚になったキビナゴ


風呂から上がり
時計を見ながら
ついウトウト


そして気づいた!!


あれ?
今何時?


午前4時???


4月1日になっていた
満月を撮りそこねた!


ん~~


まあいいや


明け方の月を
撮っておこう


2018年4月1日は
二度とやって来ない!


そうなんだよ
毎日が特別な日なんだよ!


西側の窓を開ける
カラカラカラ


はい
復活の日の月





あら・・・
紅葉が映り込んだ
はい
もう一度





おはよう
お月様

時を編む人


『キビナゴの毎日』に
   ようこそ






キビナゴの母
母ハタハタは認知症


日曜から金曜まで
介護施設で生活
週末は自宅でキビナゴと
過ごす


妄想、幻聴、幻視
症状はいろいろ


キビナゴは
まだ修行中で
(修行が足りない)
スイッチON状態の
母ハタハタに
振り回されている


自分で言うのもなんだが
キビナゴは
ココロが強くないので
ポキポキ折れる


今、
デイサービス+お泊まりデイ
この組み合わせで
母ハタハタを預けている


そろそろ
本格的な施設入所を
考えた方が良いのだろうか・・・



考えている


それは
母ハタハタのためと言うより
「キビナゴ自身のため」
なので
ココロが
ザワザワ、もやもや、
ズキズキしている


いいんだろうか?
我慢した方がいいか?
寂しいよ・・・


あっ、
愚痴になってきたね


愚痴を言うなら
問題を解決
または
改善すればいいんだよね


久しぶりに
母ハタハタの編み物





PPテープで編んだバッグ
本体の高さ45㎝
持ち手はキビナゴが付けた


何目、何段
編んでいるか
母ハタハタ自身分からない
そもそも
何を編んでいるか
覚えていない


ただ
編む事が楽しいらしい


母ハタハタ
「どれくらい
 編んだらいいかねぇ」


キビナゴ
「好きなだけ
 編めばいいじゃん」


最初は優しく応えるが
同じ質問の十数回目で
キビナゴ限界


でも
この一言で救われる


母ハタハタ
「出来たら
 キビ子にあげるよ」


うっ、、
嬉しいよ・・・
うるうる(T^T)


母ハタハタの
妄想による
どんな暴言も許す!(笑´∀`)


編み目は
所々飛んでいるし
次の段の
立ち上がりが無いので
グルグルと編み続けるので
終わりが変だ


でも
一目一目が愛おしい
母ハタハタの歩いてきた
時を留めているように
思える


このバッグも
キビナゴの宝物になるなぁ


これが
修行の合間の
ご褒美だろうか





そだね~~


月と亀と


『キビナゴの毎日』に
   ようこそ






2月23日は
上弦の月だった







里町実家で
キビナゴと
キビナゴの母=
母ハタハタ
大江戸Pの3人で
見た月


「見た目が大事」と
「見た月が大事」は
似てルナ・・・と思う
キビナゴ


・・・あっ、寒い・・・


月と言えば
スッポン


何年か前に行った
物産展で
小さなスッポンが
売られていた


小さくて可愛い!
なんか生け簀の下から
ぷくぷく~って
浮いてくる


飼いたい!


チビでも一丁前に
噛みつくらしい


キビナゴは
その販売員に
アホな事を聞いてしまった


「あの
 コレ、
 大きくなっちゃうんですか?」


もちろん
大きくなるそうだ


ミニスッポンなんて
居ないよね
購入は諦めた


一生のうち
あんなにスッポンに
近づいたのは
その時一度きりだ


スッポンでなく
スッピンを極めろキビナゴ!


・・・


・・・・・


キビナゴ達が
上弦の月を見た晩の
うちの亀ちゃん
亀千代(かめちよ)





亀千代は14才
白内障で
目が見えなくなった


年齢、持病、体力を
考えて手術はしない


見えなくても
嗅覚、聴覚を駆使して
部屋の中を歩く
食欲も旺盛だ


ガンバレ!


鉄男、
亀千代、
小町、
長生きしておくれ!


おりチャン 3


『キビナゴの毎日』に
   ようこそ






*「おりチャン 2」からの
  続き*


「かいこの一生」と言う名の
チョコレートを見つけ
幼き頃を思い出した
キビナゴ


ちょうど
バレンタインデーの前
母ハタハタ用に決めた


(自分で書いておいて
 なんだが
「用」って表現で
 いいのか?)


(母ハタハタに会えるのは
 金曜日
 16日だった)
介護施設から戻ってくる
母ハタハタを
わくわくしながら待った


きっと
喜んでくれるに違いない!
(押しつけがましい
 キビナゴ)


帰宅して
一息ついた母ハタハタに
チョコレートを
渡した


キビナゴ
「ほら~~
 お蚕さんだよ
 チョコで出来てるんだよ」


母ハタハタの
目がキラッキラになった


母ハタハタ
「わぁ
 蚕なの?
 可愛いねえ、
 可愛いねえ
 可愛くて
 食べらんないよ
 可愛いねえ
 可愛いねえ・・・」


あっ、ヤバイ
母ハタハタが
ウルウルしてきた


母ハタハタも
遠い記憶を手繰り寄せて
いるのだろうか


母ハタハタ
幼き頃
北国の実家では
養蚕をしていたそうだ


そして
機織りをする
自分の祖母のことが
大嫌いだったそうな


キビナゴは会ったことのない
曾祖母の情報は
母ハタハタによって
刷り込まれた


「嫁をイビル
 意地悪ばあさん
 孫の差別が激しかった
 意地悪ばあさん」


機織りするのは
可愛いい姫様か
キレイな鶴なんだけどなぁ
意地悪ばあさんなの?


でも
その人がキビナゴの
ひい婆ちゃんなんだよね


「しょうがない!」


その
おりチャンが居なかったら
こうやって
ブログを書いてる
キビナゴも居ないわけだ


おりチャン
ありがとうございます


あっ
ひい婆ちゃんね


ひい婆ちゃんだけでなく
父方、母方
ご先祖様にも感謝だ


いろんなことを
思い出させてくれた
お蚕さんにも


ありがとう!!


そうそう、
チョコは
とても
美味しかったそうだ
(母ハタハタ談)
プロフィール

大江戸キビナゴ

Author:大江戸キビナゴ
ワンコ軍団
野鳥
飛行機などなど

毎日の出来事を
綴ってまいります~~

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR